白髪染めに関する問題・疑問・悩み

ここでは白髪染めと白髪染めトリートメントトリートメントに冠する問題や疑問や悩みについてまとめています。その解決策についてものせているので参考にして下さいね。

 

白髪自体に関する質問はこちら

 

女性に人気の白髪染めトリートメントランキング
白髪染めで地肌が染まる問題
白髪染めのダメージがあると約5歳も老けて見えるのは本当か
白髪染めとおしゃれ染めの違いとは何?
白髪染めとアレルギーの関係

白髪染めトリートメント 人気ランキング

白髪・抜け毛ケアがこれ一本のシャンプー haru

>>白髪予防シャンプー haru 黒髪スカルプ・プロ 特徴&口コミ

白髪染めに関する問題・疑問・悩み記事一覧

白髪染めをしてると地肌がそまってしまってそれがいやだという人がいます。実際に私の周りでも、薄毛の人で白髪の多い人は、地肌もなんとなく茶色に染まっている感じで目立っている方がいらっしゃいます。白髪染めが地肌に染まってしまうのは、根元からどうしても染めようとすると地肌に白髪染め液を置くため仕方ない部分もあるようです。しかしきちんとコールドクリームのような油分を付けたくないところ(額・うなじ・顔の周りな...

よくおばあちゃんが紫色の髪をしています。なぜ紫に白髪を染めているのでしょうか。私のおばあちゃんも薄い紫にしていました。子供心におしゃれだな〜!なんて思ってましたよ。調べてみるとおしゃれ、だけではなくちゃんとした理由があることがわかりました。おばあちゃんの紫の髪の理由日本人の髪の毛は白髪になると、実は真っ白ではなくて黄ばみやすいそうです。欧米などではきれいな真っ白になるらしんですが、その日本人独特の...

白髪染めによる髪のダメージに関する興味深い記事がありました。あのアンファーが20〜40代の一般男性200名、自宅で「白髪染め」を使用した経験のある30〜50代女性300名を対象に実施したものです。「女性の髪の状態を見て、ある程度の年齢が把握できると思いますか?」という質問に、約7割の66%が「できると思う」と回答。実際に3名の女性の後ろ姿について、「白髪染めによるダメージが大きい状態」「小さい状態...

「白髪が目立ってきたので白髪染めを使おう」と行動した時に初心者が勘違いしやすい事を紹介します。美容院でプロにやってもらう方は関係ありませんが、自分でやる方には知っていてほしい知識です。それは髪質によって白髪染めの染まり具合が変わってくるという事です。当然の事ですが人間には個人差というものがあります。同じ運動をしても同じ筋肉がつくわけではありませんし、同じダイエットをしても同じ効果があるわけではあり...

白髪染めトリートメントのおおさじ一杯ってどのくらいの量や重さになるのでしょうか?大人気の白髪染めトリートメントの資生堂プリオールカラーコンディショナーのセミロングでの使用目安が大さじ約2杯と書いていたのですが、いまいちわからず、大匙1杯が何gになるのか画像付で調べてみましたので参考にどうぞ。>>資生堂プリオール公式通販サイトはここをクリック大さじの何も乗ってないのは22gです。大体このくらいのせて...

最近の自然派志向であったり天然素材という人気のキーワードから何かと耳にする言葉に「ノンシリコン」という言葉があります。要はシリコンが入っていないという事です。そして世間ではノンシリコンが善で、シリコンが悪という図式が一人歩きしてしまっているのが現状です。そもそもシリコンとはなんでしょうか?シリコンとは人体に影響のない合成樹脂の事なのです。シャンプーに含まれるシリコンは髪をコーティングし質感を滑らか...

いきつけの美容室に行った時の話です。美容師さんの首元が赤くかぶれていました。「どうしたんですか??」と聞くと「髪を染めようと思ったらアレルギーがでちゃいました。」プロの美容師さんでも、こんな事になるんだと驚きました。アレルギーとは、今まで問題なくても突然やってくるので白髪染めを使用の際には毎回パッチテストをして下さいね。白髪染めを使ってかゆみや赤いかぶれなどが出た時は要注意です。白髪染めででるアレ...

白髪染めヘアーカラーや白髪染めマニュキュアの説明書に書いてある「使用前に必ずパッチテストを行ってください」と書かれてある事は知っていますよね。あなたはちゃんとパッチテストをしていますか。実際にパッチテストを毎回行ってる人はほとんどいないそうです。中には1回もした事がないという人も結構いるみたいですね。特に若い頃からヘアーカラーで染めたりしている人は、経験上問題ないという事でほとんどしていないそうで...